【肌荒れするなら…】洗顔をしないという選択肢も?!

洗顔してるのに…

スキンケアもしてるのに…

美容についてしっかり勉強してるのに…

肌荒れしてしまう!!

それ、洗顔料のせいかも…

実は巷で囁かれている「洗顔をしない」スキンケア

その方法含めどういうことか、解説していきます

洗顔をしないスキンケア?

正確には、洗顔料を使用しない洗顔をし、保湿に重点を置くスキンケア方法です

全く洗顔をしない(お湯も浴びない)、というのはただ不潔なだけですのでそこはご注意を。

このスキンケア方法は一部の女優の方も実践されており、その効果は人によってはアイテムをごちゃごちゃ使うより抜群です

メリットとしては、

  • 肌荒れが回復する
  • 洗顔による摩擦が少ない
  • 保湿により毛穴が目立たなくなる
  • 必要な皮脂を肌に留めることができる

ということが挙げられます。

デメリットとしては、

  • 人によっては更に肌荒れが悪化する
  • 極端な脂性肌の方には不向き
  • 肌荒れの原因が病性やストレス性の場合効果が薄い
  • 潔癖な方は不潔感でストレスが溜まる

という、「人による」デメリットが挙げられます。

次にそのスキンケアの具体的な手順を紹介します

手順1 洗顔編

洗顔は”お湯・水”のみ使用します

※洗う際は擦りすぎないようにしましょう!

  1. 顔全体をお湯で洗う(30〜50回)
  2. 次にを顔にかけ、毛穴を締める

お湯で汚れを落とし、水で仕上げるという感覚です

お湯だけでも結構汚れは落ちますし、洗顔料により必要な皮脂まで流れてしまうのを防ぐことができます。

皮脂は嫌われがちなイメージがありますが、肌を守る機能を持つため、スキンケアには欠かせない分泌物です!

手順2 保湿編

洗顔後はこれでもかというほど保湿をしましょう!

ちょっと過剰くらいが丁度いいです

  1. 化粧水をたっぷりつけ保湿する
  2. 化粧水がある程度肌に馴染んだら、乳液もしくは「白色ワセリン」を顔全体に塗り込む

化粧水や乳液を馴染ませる際には、「ハンドプレス」をしましょう

※ハンドプレスとは…手の体温で化粧水などを肌に馴染みやすくする手法。手で肌を抑えるように馴染ませる方法。

ハンドプレスではよく、パンパンと肌を叩く方がいますが、これは間違えたやり方ですので真似はしないでください。

むしろ、1分ほどじっと手を起き続けるのが正しい方法です。

白色ワセリンは薬局にて手に入れることができ、比較的安価なものです。

下手に高いものを使うより、保湿力があり医療的な「軟膏」ですので効果はあります

まとめ

以上が「洗顔をしないスキンケア方法」です

簡単・コスパ・時短 とスキンケア初心者や肌荒れに悩む方にはもってこいのスキンケア方法です

しかし、どのスキンケアにも”個人差”はつきものです

ですので、完全にこのスキンケア方法に移行するのではなく、

まずは「休肌日」として1日2日少しづつやってみるというのが良いかと思います。

ダイエットや筋トレと同じように、結果・効果もすぐ現れるというものではありません。

少なくとも3ヶ月以上〜1年はみるようにしてください

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする