【禁術】人を文章で動かしてみませんか?

記事を書く

宣伝する

ラブレターを書く

先方にお礼状を書く

先輩にご飯のお礼を書く など、

日常的に使われる文章(ライティング)。

このライティングは実際、ただの文章ということではありません。

何かしらの意味を持たせ、感動してもらう・購入してもらうなど、読み手に行動してもらうための文章です。

文章に意味を持たせるとは

文章に意味を持たせるとは、「その人を想像して書く」ということに他なりません

特に、ラブレターや上司へのお礼など”相手が受け取ったらどんな顔をするだろう。どう思うかな。”

というように『相手を慮って書く文章』こそ 意味のある文 です。

例えば、

セールスレターや購買コーナーのポップはこういった「意味のある文章」を使うことで高倍率を上げることも可能です

ここは とある町の雑貨店、

子供用の紙おむつを買いに来た夫婦がふと目をやると、

そこには「今しか見れない姿、残しませんか?」とあります。

日々育児に追われ、疲れ果てていた夫婦は気付きます

育児に気を取られ、この成長に喜び、今しか見れないこの姿を愛おしく思うことを忘れていたことに。

そう、そこに売られていたのは『インスタントカメラ』でした。

このように、紙おむつを買う人の属性や背景にあるストーリーを考えた文章を置くことで、

紙おむつという安価な商品を買いに来ただけなのに、インスタントカメラという紙おむつより高価な商品を買ってしまった

という購買行動を促すことができるのです。

こうした文章をもっと知りたい方はこちら→

意味のある文章の本質は「00」

前述の「今しか見れない姿、残しませんか?」という文章がなぜ意味のある文章かはわかっていただけたと思います

しかし、なぜこの短い一文で人は行動してしまうのか。と疑問に思うことも少なく無いのでは無いでしょうか

それではお答えしましょう。

意味のある文章の本質とは「想像させること」です

あ、そういうことか、とわかったあなたは素晴らしい!

「今しか見れない姿、残しませんか?」

紙おむつを買いに来た夫婦はその一文をみて、確実に我が子の姿を思い浮かべるはずです

さらに言えば、我が子の成長してきたストーリーも走馬灯のように思い返すかもしれません。

こう言った『感情を揺さぶる想像』をさせることこそが意味のある文章の本質です。

意味のある文章を書くには

意味のある文章を書くには、読み手をしっかりと想像し、思いやることが重要です

文章は書き始める前に終わっている。

書き始めてから何書こうかなぁではなく、

書く前にあの人はどうかなぁ?何をしているかなぁ?と想像する、準備する

そうすれば自ずと読み手の心に突き刺さる文章が書けます。

こちらでは意味のある文章について更に深掘りされています→

気になりませんか?思い通りに人を操る禁断の文章術

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする